硬式野球ボール

製造・販売

Baseballs

Manufacturing and Sales

日本製のクオリティ

熟練した技術による仕上げ


国産品質、統一規格適合

統一球 330円(税込)

※20ダース(240球)ご購入の場合

「日本製にこだわる理由」

ご存知ですか?

硬式野球ボールの製造は、縫合工程等が機械化されておらず一針一針人が縫わねば作れません

殆どの国内メーカーは海外[主に中国]とのOEM(委託製造)になっているのが現状です

当社も中国工場と取引があり、委託製造も可能な中、今もなお、あえて国内縫製(最終工程)に強くこだわっています

特に、縫い目高や幅は、牛革の剛柔を見極め強弱をつけ均一しなければならず、生産性だけに重きを置くと手生産であるが故に、均一にならずムラが出ます、国内縫製だからこそ均一化が実現できています

牛革は国内製革業者が鞣した国産雄ホルスタイン種を、合成繊維は摩耗に強い素材を使用するなど、素材にもこだわっています

硬式球のものづくり(技術)の伝承と同時に、人づくりへの貢献も忘れてはならないと感じています

球芯を再利用したリサイクルボール

再生球 250円(税込)

※20ダース(240球)ご購入の場合

「リサイクルボールの起源」

当社では、硬式ボールのリサイクル事業を2010年に開始しました

発案者は、当社元顧問の大場日出男です(当時78歳・山形県立新庄北高・早稲田大学野球部OB)

小さな野球部は予算も少なくボールは高級品、古くてもテーピングして使い、使えないボールは廃棄するのが当たり前、倉庫に置きっぱなしか、ひどいチームはグランドに埋める

大場は、野球への恩返しとして硬式ボールのリサイクル事業を開始しました

更生保護施設をはじめ、障がい者就労支援施設をまわり、ボールの縫い方を指導しました

2020年になり、10年の月日が経った今、硬式ボールはリサイクルが可能であると多くの人に、認知して頂けるようになりました

小さな社会問題にスポットライトを当て、それまでの習慣や考えに対し新しい提案をする、ユニオンソーシャルシステム株式会社の由来でもあります

あの頃の思いを胸に

記念球 1,944円(税込)

1球からでも注文可能

「あの頃の思いを胸に」

卒業や卒団の記念品として

硬式球に、チームロゴや校章、学校名、チーム名、監督の言葉、背番号、名前などを刺繍します

校章やチームロゴの写真を送っていただければ、当社でデザインラフの作成が可能です、縫糸のカラーオプションも豊富です、黄・黒・赤・青・紺・紫・緑・橙・紺・茶・ピンクなど、チームカラーで仕立てることができます

製作例(ギャラリー)も合わせてご覧ください

短くも濃い、中・高校野球部での3年間、野球技術だけではなく人間性を磨き、人生における成長の糧を得たことでしょう

監督の言葉や記念球の存在が、辛くも成長できた当時の記憶を思い起こさせ、次なる目標へと奮い立たせてくれるはずです

全天候型

湿気に強い専用開発の合皮を使用

湿気に強い

全天候型 硬式球 価格 ASK

オーダー量等による個別価格

「天候に左右されない」

硬式球の本革は湿気に弱く、水分を含んだまま放置すると、腐敗や劣化の原因になります

全天候型硬式球は、湿気の多いグランドや薄暗い環境下での練習、眩しくて白球では取りにくいフライキャッチの練習の為に開発した硬式球です

専用開発の合皮は、ホワイト・イエロー・ピンクから、色が選べ、且つ縫い糸カラーオプションも豊富に用意、チームオリジナルのボールとして、製造可能です

球芯は「統一球」と同じものを使用しております、完全防水ではありません

合皮である点以外は、統一球の規格を踏襲しており、重量は138.0〜148.8g、円周長さは22.9~23.5cm、縫目幅は7.0~8.0mm、縫目高は0.9~1.1mm、無地(ロゴ無し)・低スリップ、反発係数の測定はありません、日本製です

日本の大手繊維メーカーが、本製品ために専用開発した合皮を使用しています


縫い糸の種類とカラーバリエーション

再生球・新球(練習球)は、縫い糸の種類とカラーバリエーションを選ぶことができ、練習用途に応じてカスタマイズ可能

カスタマイズ

カスタム費は商品価格に含

〜 "縫い糸" の種類 〜

通常の練習には「コア」を、

マシーンご使用には「ケブラー

「練習シーンに合わせてカスタマイズ」

選手のさまざまな練習シーンに合わせて、ボールをカスタマイズすることが可能です

使用している縫い糸は、主に「コア」と「ケブラー」で、特徴は次のとおりです

「コア」は、摩擦に強く、耐久性に優れています

また、縫い目の山がはっきりと出るため、投球の際に指のひっかかりがよく、回転数・スピンを効かせやすい特徴があります、カラーオプションが豊富な点もメリットです

「ケブラー」は、マシンによるバッティング練習に、最も適した糸です

コアよりも摩擦に強く、軍用防弾チョッキ素材に使用されるなど、耐久性が極めて高いのが特徴です、一方カラーオプションは、赤・黒・生成り、の3色の用意のみとなります